読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道端の鳩

突然の鳩のフン

できれば性別関係なく仲良くしたいよね

異性と接するってのは大変なもんだ。

 

いや大変と思わない人もいるかもしれない。でもそんな人でも、それが大変だと思う人がいることを否定はできないだろう。

「異性」ということでちょっと一般化して言ってみたんだけど、実のところ言いたいのは「男性中心のコミュニティの中に女性が入っていく際の問題」なんだ。

 

ちょっと酔っ払いながら書いてるからなに言ってるか分からなかったらごめんね。

 

男性中心のコミュニティにおいて、それはもちろん男性どうしであるから何の問題も起きない。もちろんいざこざはそれなりにあるだろうが、なんというか、同性のコミュニティって当たり前のものだし(少なくとも自分が育ってきた文化の中ではそうだ)、そういう問題に対しての処理っていうのは慣れてるもんで大した障害にはならない。

 

でだ、この世の中は男だけでできているわけではない。むしろ男こそ全てとか言っちゃったら男尊女卑だとか、あるいはそっち系なのかとか謂われのない謗りを受けてしまう。

当然、男たちがわいわいやってるところに「自分もそこで仲良くしたいな」と思う女性がいておかしくないのだ。または「引っ掻き回してやろう」という人ももしかしたらいるのかも。知らないけど。

とりあえず女性に悪意がなく、純粋に輪に混ざりたい、と思って入ってくる場合について私の考えを述べよう。

 

拒否する理由はない。歓迎するくらいである。女性がいたほうがなんていうか明るくなるしね。

ただし、「異性である」ということを十分に考えてほしい。

十分に十分に考えてほしい。

どういうことかというと、どこぞの芸人のネタではないがちょっと優しくされただけで惚れてまうやろーという男も少なからずいるのである。男中心のコミュニティなら尚更である。

その入ってきた女性に惚れるのは一人ではないかもしれない。複数人なのかもしれない。更に周りからの冷やかしもあるかもしれない。

しれない、というか多分にありえる。

 

そのような時にあなたはそれに対処するすべや知恵を持っているだろうか?

いや確たる処世術を身につけれなければいけないと言っているのではない。

「こんなはずじゃなかった。私はただ皆とわいわい仲良くやれれば良かっただけなのに」

みたいな考えなしもいいところレベルで異性のコミュニティに入って来られるのは正直言って迷惑なのだ。

それによってコミュニティ内部を乱されて人間関係がギクシャクするのは男性側はもちろん、入ってくる女性側としても不本意なものだろう。

なので、わいわい仲良く楽しくやりたいというのであれば、そのようなことが起こることを覚悟し念頭に置いた上でコミュニティに飛び込んでいけばいいと思う。

まあ女性に免疫がない男も男で問題ではあるんだけどな。

 

そういうことよく考えてねって話でーした。